朝の法座

朝の法座について

「朝の法座」は、1957(昭和32)年8月7日~11日「黎明講座(れいめいこうざ)」として開催されたのを起源とします。
1958(昭和33)年4月11日~16日、大谷本廟において宗祖親鸞聖人700回大遠忌法要(だいおんきほうよう)の予修法要(よしゅうほうよう)が勤修(ごんしゅう)されましたが、その年を機に、名称を「朝の法座」と改称いたしました。
現在では、毎年8月6日~10日までの5日間にわたって開催いたしており、本年2012(平成24)年で、55回目を迎えます。
その他、東山近辺では、「暁天講座(ぎょうてんこうざ)」と称して、7月27日~31日知恩院、8月1日~5日真宗大谷派の大谷祖廟、8月1日~3日智積院、8月2日~4日東福寺等にてそれぞれ開催されています。

「朝の法座」日程

1.期  日

2012(平成24)年8月6日(月)~10日(金)

2.場  所    

大谷本廟 仏殿

3.日  程    

5:30  開門

6:00  晨朝(讃仏偈)

6:15  「朝の法座」開会(挨拶・開会の言葉)

6:20  法話(50分間)

7:10  閉会(恩徳讃)

引き続き参拝者朝粥接待(光輪・研修道場)  


講師・講題

6日(月)

『真実の教え』

本願寺執行長  北畠 典生(きたばたけ てんせい)

7日(火)

『仏様のカルテ~心のCTを撮りましょう~』

本願寺派布教使  吉村 隆真(よしむら りゅうしん)

8日(水)

『今日道場の諸衆等』

真宗大谷派教学研究所長  蓑輪 秀邦(みのわ しゅうほう)

9日(木)

『ともに浄土に歩む』

本願寺派布教使      長倉  伯博(ながくら のりひろ)

10日(金)

『阿弥陀さまの光に照らされて』

浄土真宗本願寺派新門  大谷 光淳(おおたに こうじゅん)

関連コンテンツ
お問い合わせ先

納骨・読経等に関するお問い合わせは電話075-531-4171 ファクス 075-531-2072
〒605-0846
京都市東山区五条橋東6丁目514
大谷本廟(おおたにほんびょう)

関連リンク

西本願寺聞法会館本願寺出版社