境内案内

境内地図

総門

第14第寂如上人の時代、1710(宝永7)年宗祖親鸞聖人450回忌法要を修するにあたり、同年3月に建立されました。
その後、第18代文如上人の時代、1796(寛政8)に現在の四脚門に改築されました。
総門に掛かる「大谷本廟」の額は、1860(萬延元)年9月に書かれた九条尚忠の筆であります。

  • 総門
  • 総門
  • 総門

本廟会館

総門を入るとすぐ右手の本廟会館に、納骨・読経などの受付を行う総合受付があります。
このほか、建物内には売店・喫茶・食堂・参拝者の休憩所などがあります。

  • 本廟会館
  • 本廟会館
  • 本廟会館
  • 本廟会館

明著堂めいちょどう・祖壇

明著堂は親鸞聖人の墓所である祖壇の前に位置する拝堂で、東西五間、南北十間、内部に柱のない建物です。
1709(宝永6)年、第14代寂如上人の時代に造営されました。
正面には、寂如上人のご染筆による「明著堂」の額が掲げられています。
慶応の火災(1867年)では境内の多くの堂舎が失われましたが、この建物は幸いにも類焼を免れ、当時の大谷本廟の面影をよく今に伝えています。
また、祖壇の周囲には、歴代宗主やお裏方の廟墓、祖壇納骨所があります。
先人の方がたは親鸞聖人のおそばにとの思いから、ご納骨を尊いご縁としてお念仏のみ教えを受け継ぎ、次の世代に伝えてこられました。
大谷本廟には全国から多くの門信徒が訪れ、親鸞聖人をはじめ、先人のご遺徳を偲んでご参拝されます。

  • 明著堂
  • 明著堂

大谷墓地

祖壇後方には約13000余の大谷墓地が広がっています。

無量寿堂・大谷墓地

無量寿堂

1968(昭和43)年に第一無量寿堂、1990(平成2)年に第二無量寿堂という室内の納骨所が造営され、32000余りの納骨壇があります。

  • 無量寿堂・大谷墓地
  • 無量寿堂・大谷墓地
  • 無量寿堂・大谷墓地
  • 無量寿堂・大谷墓地
  • 無量寿堂・大谷墓地

仏殿

第13代良如上人の時代、1661(寛文元)年に創建され、1867(慶応3)年に隣接する二天門からの出火で焼失しました。
現在の建物は、1870(明治3)年に再建されたもので、内陣には第14代寂如上人御作の阿弥陀如来像を中心に、歴代宗主、左余間には七高僧・聖徳太子、右余間には覚信尼公のご絵像が奉懸されています。
堂内の「龍谷山」の額は、寂如上人のご染筆によるものです。

  • 仏殿
  • 仏殿
  • 仏殿

菜の花

メニューは松華堂弁当や天ぷら定食などの伝統的和食をはじめ、そばやうどん、洋食など約40種類。
中でも和風だし仕立ての優しい味わい『豆乳ゆばラーメン』や京風だしが味わい深い風味豊かな『ゆば丼生ゆばセット』がおすすめ。
気軽なランチはもちろん、法要の会席料理もご用意できます。
ご参拝・観光のご昼食に、生ゆばを使った料理をぜひお楽しみください。

  • 新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。
    ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
営業時間
10:00~14:00(L.O)
※お食事は11:00~
定休日
不定休
  • 菜の花
  • 菜の花
  • 菜の花
  • 菜の花
  • 菜の花

売店(開明社)

全国から納骨やお墓参りで訪れる参拝者をおもてなし。
お仏壇用のお花や線香をはじめ、お念珠や経本などほかにもさまざまな商品を取り扱っています。
総合受付前と、第一無量寿堂6階受付前にございます。

営業時間
8:30~16:45
  • 売店(開明社)
  • 売店(開明社)

喫茶いとう

コーヒーや軽食、ぜんざい等を取り揃えております。

  • 喫茶いとう
  • 喫茶いとう

花噴水

参拝者からお供えいただいた仏花を、仏殿前の噴水に浮かべています。

  • 花噴水
  • 花噴水
  • 花噴水

めがね橋(円通橋)

この石橋は「円通橋」といい、2つのアーチ状の橋が水面に映る姿はあたかも眼鏡のように見えることから、通称「めがね橋」と呼ばれています。
江戸時代末期の1856(安政3)年、本願寺第20代広如上人の時に親鸞聖人600回大遠忌を迎えるにあたり、蓮池と石橋が架けられました。
この橋は、大坂・播磨屋五兵衛の寄進によるもので、長さ約40m、幅約6mになります。
また、蓮池は「晧月池こうげつち」といい、ここにさく大賀蓮は2000年前の一粒の種から開花させ受け継がれたとされる「古代の蓮」とも呼ばれ、夏にはピンクの華やかな蓮の花が咲きます。
円通橋からはこの蓮の花と葉を見下ろすことができ、緑とピンクの彩りや円い蓮の葉を楽しむことができます。

  • めがね橋(円通橋)
  • めがね橋(円通橋)
  • めがね橋(円通橋)

荼毘所だびしょ

荼毘とは、インドの言葉で「火葬」という意味です。
親鸞聖人が90歳でご往生されると、現在の「お荼毘所」で火葬に付され、京都東山の鳥辺野(とりべの)の北、「大谷」に石塔を建てご遺骨をおさめられました。

  • お荼毘所
  • お荼毘所
  • お荼毘所

戦没者記念堂・殉教碑

戦没者記念堂・殉教碑とは、国事に殉じた同信同行の人々を追悼する施設です。

  • 戦没者記念堂
  • 戦没者記念堂

覚信尼公碑文

宗祖親鸞聖人700回大遠忌の予修法要と世界仏教婦人会の結成を記念して1958(昭和33)年4月に建立。
その後、1999(平成11)年11月、覚信尼公の永代の顕彰を希い、修復されました。

  • 覚信尼公碑文
  • 覚信尼公碑文

石窟

親鸞聖人が学門をされたと伝わる場所です。

石窟