新着情報

お知らせ

「朝の法座」について

「朝の法座」は、1957(昭和32)年8月7日~11日「黎明講座(れいめいこうざ)」として開催されたものを起源とします。
1958(昭和33)年、大谷本廟において宗祖親鸞聖人700回大遠忌法要の予修法要が勤修されましたが、その年を機に、「朝の法座」と改称し、本年で65回目を迎えます。
皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご参拝くださいますよう心よりお待ち申しあげております。

期 日

2022(令和4)年7月20日(水)~22日(金)

場 所

会場:大谷本廟 礼拝堂
※来場者多数の場合は、別の会場にご案内させていただきます

日 程

時 間内 容
5:30開門
6:30受付開始
7:00勤行(重誓偈)
「朝の法座」開会(挨拶・開会の言葉)
7:10法話または講話(50分間)
8:00閉会

講 師

20日(水)浄土真宗本願寺派布教使
石川教区江南組本光寺
テンプル食堂よしざき 代表
八幡 真衣
講題:「またね!」
21日(木)真宗大谷派 参務
長峯 顕教
講題:「無明の闇」
22日 (金)城郭考古学者
千田 嘉博
講題:「城から見た戦国時代の本願寺」