新着情報

お知らせ

「朝の法座」開催について(ライブ配信あり)

※当日、本ページにてYouTubeライブ配信を行います。
 午前7時より中継いたしますので、どなたでもご覧いただけます。

「朝の法座」とは、1957年(昭和32)年に「黎明講座(れいめいこうざ)」として開催したのがはじまりで、今年で67回目を迎えます。京都市内の寺院では、「暁天講座(ぎょうてんこうざ)」という名称で各所にて開かれておりますが、もとは、お盆「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の法話として始まったとされています、大谷本廟をはじめ、様々な寺院で開催されており、この時期の風物詩になっております。

朝の法座では、3日間で浄土真宗の僧侶だけでなく、様々なジャンルの講師をお招きし、笑いありの講話から、心温まるご法話まで幅広いお話がございます。どなたでもご自由にご参拝ください。
YouTube配信も行いますので、自宅でもご視聴いただけます。なお、参加費は無料です。

期 日

2024(令和6)年7月20日(土)~22日(月) ※無料

場 所

会場:大谷本廟 礼拝堂
※来場者多数の場合は、別の会場にご案内させていただきます

日 程

時 間内 容
5:30開門
6:30受付開始
7:00勤行(重誓偈)
「朝の法座」開会(挨拶・開会の言葉)
7:10法話・講話(50分間)
8:00閉会
※どなたでもご自由にご参拝いただけます。

講 師

20日(土)本願寺派布教使
四州教区 宇和島組 徳正寺
德平 亜紀 師
講題:「太虚空(おおぞら)のまん中」
21日(日)真宗大谷派 参務
西受 秀文 師
講題:「本願に生きる」
22日 (月)芸人・アートプランナー
おかけんた 師
講題:「気づきの言葉で己をほどく」