朝の法座

 京都市内の寺院では、「暁天講座(ぎょうてんこうざ)」という名称で仏さまのお話を聴く機会が多く開かれています。大谷本廟がある東山区の浄土系寺院では浄土宗の総本山知恩院(ちおんいん)、浄土真宗大谷派の大谷祖廟(おおたにそびょう)、そして大谷本廟で5日間ずつ開催されています。
この法座は、昭和32年に開催された「黎明講座(れいめいこうざ)」を起源としており、翌年の昭和33年に大谷本廟で宗祖親鸞聖人七百回大遠忌法要の予修法要が勤修されたのを機に現在の名称に変更されました。
皆様には職務ご多用のこととは存じますが、ご取材いただければと思います。 

期  日

2016(平成28)年8月6日(土)~10日(水)

場  所    

大谷本廟 仏殿

日  程    

5:30   開門

6:00   晨朝(讃仏偈)

6:20   法話(50分間)

7:10頃~ 朝粥接待(菜の花・研修道場)

 

「朝の法座」講師一覧

6日(土)

本願寺副執行長  村上 智真(むらかみ ちしん) 
「法声求道(ほっしょうぐどう)」

7日(日)

<特別講演>
龍谷大学農学部教授   古本 強(ふるもと つよし) 
「真宗の教えをもとに農を学ぶ」

8日(月)

真宗大谷派参務  三島 多聞(みしま たもん)    
「もう別れることのない世界」    

9日(火)

本願寺派布教使   木下 明水(きのした めいすい)  
「阿弥陀さまのおすくい」

10日(水)

本願寺派勧学  淺田 恵真(あさだ えしん)   
「生かされる命を見つめて」

 

関連コンテンツ
お問い合わせ先

納骨・読経等に関するお問い合わせは電話075-531-4171 ファクス 075-531-2072
〒605-0846
京都市東山区五条橋東6丁目514
大谷本廟(おおたにほんびょう)

関連リンク

お西さんホームページ浄土真宗本願寺派聞法会館本願寺出版社