ご名義人の方

ご名義人の方

住所変更について

転居された場合や町名・地番変更等により届出住所(連絡先)に変更が生じた場合は、速やかに大谷本廟まで届け出てください。
住所変更届につきましては、電話もしくは総合受付にて書類をご請求いただくか、使用名義人の方へ毎年お送りしております「年次冥加金納入のお知らせ」(第一無量寿堂を除く)についているものをお使いください。

墓地の建立・改修等について

墓碑等を建立、法名等の刻字、改修、撤去等をしようとするときは、あらかじめ「大谷墓地内施工許可証」の用紙を受け取って、必要事項(墓地使用者の住所、名前、電話番号、捺印)を記入して、施工を依頼する業者(石材店)へお渡しください。その後の手続きは施工業者がいたします。

名義変更(承継)に ついて

名義変更(承継)に必要なもの

  • 使用権承継願(所属寺住職の署名捺印が必要です)
  • 使用誓約書
  • 使用承認証(墓地の場合は使用許可証)※紛失の場合は紛失届
  • 念書
  • 使用名義人の「戸籍謄本」並びに「印鑑登録証明書」(死亡の場合は「除籍謄本」)
  • 承継者の「戸籍謄本」並びに「印鑑登録証明書」
  • 「同意書」やその他の戸籍謄本・改製原戸籍など大谷本廟が必要と判断した書類
  • 手続き冥加金10,000円
名義変更書類

納骨所の使用名義人を変更される場合には、必ず名義変更(承継)手続きをお取りください。
特に使用者不在の場合には、ご親族であっても無量寿堂使用にかかる一切の手続きをお受けすることができないため、速やかにご連絡ください。
必要書類は使用名義人と承継者との関係によって異なるため、電話もしくは大谷本廟総合受付にてお話を伺った上で、書類を準備してお渡しいたします。
手続き冥加金は、書類がすべて揃った時点でお受けいたします。

返還について

使用権を返還される時は、出骨手続きの後、原状に復してご返還ください。
(大谷墓地の返還の場合は、墓石の撤去が必要です)

年次維持冥加について

年次維持冥加は、使用納骨所及び使用墓地以外の環境施設等の維持管理に充当させていただきます。(第一無量寿堂を除く)
ご家族・ご親族の方が末永くご法縁を結んでいただく意味から、毎年ご参拝の際に直接納入をお願いしております。
ご参拝が難しい場合には、毎年使用名義人宛に通知いたします「年次冥加金納入のお知らせ」の振替用紙をご利用いただき、納入ください。
また、年次維持冥加の先納(まとめ払い)はお受けできませんのでご了承ください。
第二無量寿堂納骨所の場合は3年以上、大谷墓地の場合は5年以上滞納した場合は、使用承認を取り消すことがあります。

参拝者の調査

郵便物が届かない、または名義人が確認できない場合、「札」を掛けて参拝者の調査を実施しております。
ご参拝した際に、「札」が掛かっている際には、大谷本廟総合受付にお申し出ください。
場合によっては使用承認取り消しの対象になることがあります。