大谷本廟について

沿革

大谷本廟(おおたにほんびょう)の沿革

 浄土真宗(じょうどしんしゅう)を開かれた宗祖親鸞聖人(しゅうそしんらんしょうにん)は、弘長2年11月28日(1263年1月16日)、弟の尋有僧都(じんうそうづ)の住坊(じゅうぼう)「善法坊(ぜんほうぼう)」(現在の角坊(すみのぼう))において90歳でご往生(おうじょう)になり、鳥辺山(とりべやま)南辺(現在の本廟(ほんびょう)の「御荼毘所(おだびしょ)」)で火葬され、ご遺骨は鳥辺野北辺の 「大谷」 に納められました。

 親鸞聖人のご往生10年後の1272(文永9)年の冬、親鸞聖人(しんらんしょうにん)の末娘である覚信尼(かくしんに)公が諸国の門弟の協力を得て、ご遺骨を吉水の北辺に改葬し、六角の廟堂(びょうどう)を建て、ご影像(えいぞう)を安置されました。廟堂建立の地は、現在の知恩院(ちおんいん)の山門の北に位置する崇泰院(そうたいいん)付近とされています。この土地は、覚信尼公の夫である小野宮禅念(おのみやぜんねん)の所有する土地でありましたが、廟堂建立の翌々年、1274(文永11)年にこの敷地を覚信尼公(かくしんにこう)に譲ったとされています。その後、覚信尼(かくしんに)公は1277(建治3)年から3度にわたって、ここを宗祖の墓所として寄進することを東国の門弟たちに通達し、遠方にいる門弟にかわり直接廟堂(びょうどう)を護持(ごじ)する任に就きます。これが後の「留守職(るすしき)」です。

 この廟堂は「大谷影堂(おおたにえいどう)」とも呼ばれ、後に「大谷本願寺(おおたにほんがんじ)」となり、第8代蓮如上人(れんにょしょうにん)時代の「寛正(かんせい)の法難(ほうなん)」(1465年)により破却されるまで、およそ200年間、諸国の門弟や同行によって護持(ごじ)されてきました。以後、第12代准如上人(じゅんにょしょうにん)時代の1603(慶長8)年、現在地に移転し、この地を「大谷」と呼ぶようになり、今日まで多くの門信徒の方々により護持されています。

年 表

1263(弘長2)年 親鸞聖人ご往生(しんらんしょうにんおうじょう)、東山鳥辺野(ひがしやまとりべの)において荼毘(だび)に付される。
1272(文永9)年 東山吉水の北の地に改葬され六角の廟堂を建立(現在の知恩院山門の北、崇泰院の裏庭)
1295(永仁3)年 廟堂に親鸞聖人の木像(御真影(ごしんねい))が安置され、「大谷影堂」と称する。
1603(慶長8)年 第12代准如(じゅんにょ)上人のとき、徳川幕府の命により、現在の地に廟堂が移転され、この地を「大谷」と称する。
1605(慶長10)年 仏殿(ぶつでん)建立
1661(寛文元)年 九条の西光寺の願いにより、祖廟の外に墳塔を営むことを許可する。※大谷墓地の始まり
    〃 祖墳を南谷(現在地)に移転
1694(元禄7)年 第14代寂如(じゃくによ)上人、新たに廟堂を建立。このころより、本山の御正忌報恩講とは別に、本廟の報恩講(「大谷会」または「本廟報恩講」)が営まれるようになり、第21代明如(みょうにょ)上人のときより、「龍谷会(りゅうこくえ)」と称する。
1698(元禄11)年 廟塔に「祖壇(そだん)」の扁額(へんがく)を掲げる。
1702(元禄15)年 第14代寂如上人、「龍谷山」の山号の額を書し、仏殿に掲げる。
1709(宝永6)年 第14代寂如上人、廟塔前に拝堂を建立
1716(享保元)年 第14代寂如上人、「明著堂(めいちょどう)」の額を書し拝堂正面に掲げ、以後「明著堂」と称する。
1860(萬延元)年 第20代広如(こうにょ)上人、総門に九条尚忠公筆による「大谷本廟」の額を掲げる。
1867(慶応3)年 二天門(にてんもん)より出火、仏殿等延焼焼失
1870(明治3)年 仏殿落成(現在の仏殿)
1872(明治5)年 第21代明如(みょうにょ)上人、二天門を再建
1913(大正2)年 龍谷日曜学校開校
1968(昭和43)年 第一無量寿堂(むりょうじゅどう)造営
1990(平成2)年 第二無量寿堂造営
2009(平成21)年 大谷本廟親鸞聖人750回大遠忌法要を修行(10月12日~16日)
関連コンテンツ
お問い合わせ先

納骨・読経等に関するお問い合わせは電話075-531-4171 ファクス 075-531-2072
〒605-0846
京都市東山区五条橋東6丁目514
大谷本廟(おおたにほんびょう)

関連リンク

西本願寺聞法会館本願寺出版社