大谷本廟について

法要行事 主な法要

春季彼岸会(しゅんきひがんえ) <春分の日を中心に前後3日間>

 春・秋の彼岸会は、インドや中国にはなく、日本で始められた仏教行事といわれています。本願寺では、第8代蓮如上人(れんにょしょうにん)の1473(文明5)年、越前の吉崎御坊(よしざきごぼう)で初めて彼岸会を勤修し、それにかかる御文章(上人のお手紙)もしたためられています。第21代明如上人(みょうにょしょうにん)の時代には、讃仏会(さんぶつえ)と呼ばれていました。
大谷本廟では、彼岸会期間中に明著堂前に身近な仏教の言葉を花文字に託し、お供えしています。この花文字は参拝者の供花を用いて作製させていただいております。

平成29年 春季彼岸会「和顔愛語(わげんあいご)
和顔
愛語

 

過去の花文字並びに解説

大谷本廟総追悼法要(おおたにほんびょうそうついとうほうよう) <4月17日・18日>

 親鸞聖人は、「たまたま行信(ぎょうしん)を獲(え)ば、遠く宿縁(しゅくえん)を慶(よろこ)べ」とお述べになり、いくたび生を重ねても容易に遇うことができないお念仏のみ教えに私たちが遇うことができたのも、先に往生された方々の尊いお導きであるとお示しくださいました。この法要は、お念仏を依りどころとして生き抜かれた先人のご遺徳を偲ぶとともに、そのお導きによって「南無阿弥陀仏」のみ教えに出遇えた喜びの中、ともどもにお念仏させていただく法要です。

参拝の様子
<参拝の様子>

大谷本廟 納骨・永代経法要(のうこつえいたいきょうほうよう) <6月初旬>

 大谷本廟へご納骨された方、永代経のご縁を結ばれた方を対象とし、亡き方がたの往かれたお浄土に思いを馳せ、今を生きる私たち一人ひとりの「いのち」のあり方を見つめなおす機縁とするとともに、阿弥陀如来のお徳を讃え、「南無阿弥陀仏」のみ教えに遇い得たことを喜ばせていただく法要です。この法要は、大谷本廟内の礼拝堂で行われており、有縁の方がたのご法名等をご記入いただいた法名奉呈用紙をご尊前に奉呈させていただいています。

参拝の様子
<参拝の様子>

礼拝堂での焼香
<礼拝堂での焼香>
明著堂での焼香
<明著堂での焼香>

盂蘭盆会(うらぼんえ) <8月14日・15日>

 「盂蘭盆会経」に説かれた故事に由来するもので、盆会(ぼんえ)ともいいます。明如上人の時代には歓喜会(かんきえ)とも呼ばれました。一般的には先亡供養のために行われる仏教行事ですが、浄土真宗では故人を追憶するとともに、亡き方をご縁として深く無常の理を感じ、仏恩に感謝させていただくための法要です。

盂蘭盆会(うらぼんえ) 

秋季彼岸会(しゅうきひがんえ) <秋分の日を中心に前後3日間>

 春・秋の彼岸会は、インドや中国にはなく、日本で始められた仏教行事といわれています。本願寺では、第8代蓮如上人(れんにょしょうにん)の1473(文明5)年、越前の吉崎御坊(よしざきごぼう)で初めて彼岸会を勤修し、それにかかる御文章(上人のお手紙)もしたためられています。第21代明如上人(みょうにょしょうにん)の時代には、讃仏会(さんぶつえ)と呼ばれました。
大谷本廟では、彼岸会期間中に明著堂前に身近な仏教の言葉を花文字に託し、お供えしている。この花文字は参拝者の供花を用いて作製させていただいております。

平成29年 秋季彼岸会「和顔愛語(あいざんごほう)

2010年秋彼岸花文字 慶喜一念(きょうきいちねん)2010年秋彼岸花文字 慶喜一念(きょうきいちねん)

過去の花文字並びに解説

龍谷会(りゅうこくえ) <10月15日・16日>

 「龍谷会」とは大谷本廟の報恩講(ほうおんこう)です。報恩講とは、我々が阿弥陀如来に救われていく道をお示しくださった宗祖親鸞聖人のご命日にあたり、そのご遺徳を偲ぶとともに真実のみ教えに遇わせていただいたご恩に報謝させていただく法要です。

参拝の様子
<参拝の様子>
関連コンテンツ
お問い合わせ先

納骨・読経等に関するお問い合わせは電話075-531-4171 ファクス 075-531-2072
〒605-0846
京都市東山区五条橋東6丁目514
大谷本廟(おおたにほんびょう)

関連リンク

西本願寺聞法会館本願寺出版社